本気の注意事項

編む際に力を入れすぎると

かぎ針が勢い余って指に刺ささることがあります。

 

刺さるだけならいいのですが

先がかぎ状になっているので

中でひっかかる場合があります。

 

引っかかった針を

力任せに抜こうとすると

先が折れて中に残る可能性があります。

 

ですので

抜く際は

細心の注意が必要です。

 

10分以上刺さったかぎ針を抜こうと四苦八苦した時がありましたが

当然のことながら

刺さった部分はすごいことになります。

 

大惨事です。

 

編み方にもよるかもしれませんが

これから25号かぎ針であみぐるみを編もうとする方は

本当に注意してください。

 

ちなみに

衣類には簡単に刺さってひっかかるので

落としたりしないように要注意です。